ベター・コール・ソウル シーズン3第5話 あらすじ&感想

Credit: Michele K. Short/AMC/Sony Pictures Television

ねたばれ注意!

こんにちは!Lilyです。今回のBetter Call Saulは兄弟の紛争ですね。聴聞会の行方や、ジミーとキムの戦略が見どころです!

未見の方はねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

チャックの元妻レベッカ登場!?

Credit: Michele K. Short/AMC/Sony Pictures Television

時は遡り、兄弟の争いが起こる大分前のある日、チャックは元妻レベッカを招き一緒に食事をします。

電磁波過敏症(EHS)の事を何とかして隠そうと必死のチャックに嘘に嘘を重ねることになると忠告するのですが、聞く耳なしのチャック。食事中にレベッカの携帯電話がなっても、本当の事を言えないまま、気まずい雰囲気で別れます。

別れた妻に対して良いところだけを見せたいチャックの気持ちも分からなくもないですよね。でも、チャックとレベッカの間をぎくしゃくさせてまで嘘をつき通す必要があるのかというところですよね。チャックの完璧主義が垣間見えるシーンです。

ついに聴聞会が始まる...

Credit: Michele K. Short/AMC/Sony Pictures Television

用意周到の原告と被告。証言台に立ったチャックは、傍聴席にレベッカがいることに気が付きます。支えになるつもりできたというレベッカですが、何か魂胆があると疑うチャック。

これは完全に戦略でしょうね( ̄ー ̄)ニヤリレベッカの存在がチャックにどう影響するのか推測できますか?この時点では私はちんぷんかんぷんでした。

電磁波過敏症(EHS)はただの思い込み!?

Credit: Michele K. Short/AMC/Sony Pictures Television

チャックに電磁波過敏症(EHS)について説明させます。チャックの体調を考慮して会場の電磁波を発する全ての機器を別室に移すのですが、そこでジミーの出番です。携帯電話のバッテリーを使い、チャックの電磁波過敏症(EHS)は精神的なものだと証明するのです。

これも私にはまだちんぷんかんぷんなのですが、これを証明することで弁護士資格はく奪を免れるのでしょうか?レベッカの前でチャックに恥をかかしたいという事なのでしょうか?そしてこの電磁波過敏症(EHS)というのは思い込みからくるものなのでしょうか?

少し調べてみたのですが、現時点では、はっきりと医学的には立証されていないようです。ドラマの中でもチャックが何度か入院した時にそのように扱われてしまっていますよね…。

興味のある方は以下の記事を参考にしてください。(英文)

Electromagnetic Hypersensitivity: Real or Imagined?

Science Says Wi-Fi Allergies Are Fake—But People Are Still Sick

Electromagnetic hypersensitivity – Wikipedia

ヒュールの登場!?

Credit: Michele K. Short/AMC/Sony Pictures Television

なんとヒュールが登場します!こういうブレーキング・バッドとつながる感じがまたそそられますよね。このヒュールを演じる俳優ラヴェル・クロフォードなんですが、ブレーキング・バッド時代からなんと120パンド(約54㎏)痩せたらしいのです。ヒュールの変貌ぶりもお楽しみください!

今回は、マイクやガスたちの出演がなかったですね。でもあまりにもジミーとチャックの戦いが凄すぎてあっという間の一時間でした。次話はどうなるのでしょうか。

ベター・コール・ソウルを観るなら

AmazonプライムU-NEXTTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVdTV
Netflix

ベター・コール・ソウルDVDはこちら

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!