ベター・コール・ソウル シーズン3第7話 あらすじ&感想

Credit: Michele K. Short/AMC/Sony Pictures Television

ねたばれ注意!

こんにちは。Lilyです!

Better Call Saul第7話。弁護士免許停止処分になったジミーはどうやってこの一年をしのいでいくのでしょうか。ナチョは父親を守る為に動き出すのでしょうか。今話も見どころ満載です!

未見の方はねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

ジミーとキムの苦闘

ジミーの聴聞会以来、ジミーとキムはそれぞれ苦闘します。ジミーは課せられた地域ボランティア活動に参加しながら、コマーシャルを売ろうと奔走します。キムは、病気のチャックにひどい仕打ちをしてしまったと後ろめたさを感じています。

ジミーの姿を見るのがつらいですね。コマーシャルがなかなか売れないのですが、スタッフたちには給料を払わなくてはいけないし、キムとは約束通り事務所の経費を折半し、いっぱいいっぱいになっていくジミーです。

キムもキムで、チャックへの罪悪感から夜も眠れない様子で、クライアントに八つ当たりさえしてしまいます。チャックのジミーへの仕打ちを考えると罪悪感を覚える必要なんてないのではないかと思ってしまうのですが、ここはキムの正義感の強さなのでしょうか。

もちろん、ジミーは一切そんな気持ちはありません。それどころか、ジミーの保険が解約できないことを知ると、チャックの精神状態をさりげなく告知しチャックの保険料を上げるように企みます。ジミーの演技こそ本腰ではなかったものの、あの機転の良さはジミーならではですね。

ナチョの企み


ナチョは、ヘクターの服用している薬のカプセルを入手しようとプライスを雇います。雇われたプライスは、マイクにボディーガードを依頼します。初めは断ったマイクですが、結局引き受け、ナチョの計画にアドバイスすることになります。

ナチョは、父親を巻き込むことを避けたいのです。それはそれで応援したいところですよね。いくらお金が稼げるからといっても、違法なビジネスな上にあのワンマンなヘクターに巻き込まれてはナチョのお父さんの先行きは暗すぎますよね。

マイクは、教会で会ったアニータに心を動かされます。アニータの夫は海軍兵だったのですが、突然行方不明になったらしくアニータの心の整理がつかないまま何年も経っているというのです。これも辛いですよね。

この話しがマイクにどう影響したのかはこの時点では私には分かりませんでしたが、このアニータの存在が、マイクを動かしたのです。

マイクは、ナチョに薬をすり替えてヘクターに飲ます計画ならば、飲んだ後は必ず元の薬に再度すり替えすように助言します。ヘクターが死んでしまうと、ガスを含め色んな人が死因を探ろうとするし、ガスはマイクを疑うかもしれません。ナチョに失敗は許されないのです。

ナチョはやりきることができるのでしょうか?

ジミーはこのつらい時期をどう乗り越えていくのでしょうか?

シーズン3も残すところ後3話になりました!ここからどう展開して最終話に持っていくのでしょうか?

Breaking Badのキャストがちらほら出てきますが、どのようにつながってきていたのかもう一度Breaking Badが観たくなってきましたね!これがヴィンス・ギリガンの狙いなんですかね(笑)

ベター・コール・ソウルを観るなら

AmazonプライムU-NEXTTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVdTV
Netflix

ベター・コール・ソウルDVDはこちら

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!