スキャンダル シーズン6第2話 あらすじ&解説&感想

Credit: Richard Cartwright/ABC

ねたばれ注意!

こんにちは、Lilyです。スキャンダル 託された秘密シーズン6第2話「Hardball」です。

フランキー暗殺容疑で逮捕されたネルソンは無実だと主張するし、キャビンで殺されたジェニファーからは事情が聴けないし、誰がフランキーを殺したのでしょうか。

未見の方は、以下ねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

フランキー暗殺事件の容疑者…

Credit: Richard Cartwright/ABC

フランキー暗殺の黒幕はサイラスだと確信のあるオリヴィアに対し、FBI長官アンジェラ・ウェブスターはサイラスは容疑者ではないと言います。OPAは引き続きジェニファーを調べています。その頃アビーは、ネルソンに自白させていました。

それぞれの思惑が交差しますね。

オリヴィアはサイラスが怪しいと疑っています。サイラスが容疑を認めれば、まだメリーが大統領になるチャンスがあるという思惑もあります。

FBI長官やホワイトハウスはサイラスを大統領にする方向に進みたいのでサイラスを容疑者にしたくありません。

特にアビーは、サイラスに大統領になってもらうことによって自分のホワイトハウスでのポジションも期待できるので、早くネルソンに自白してもらい、片を付けたいと考えています。

怖いですねー。

メリーとマーカスがついに…

Credit: Richard Cartwright/ABC

メリーとマーカスはお互い意識し続けてきました。オリヴィアの忠告もあって一線を超えてはいけないと近くなりすぎることを避けていたメリーですが、とうとう二人は結ばれます。

幸せなメリーはオリヴィアにマーカスの事を話します。

オリヴィアは応援すると言いながらも、マーカスの目的は出世していく事でそのために女性を使うような人間だと入れ知恵をします。それだけではなく、オリヴィアはアマーカスにホワイトハウス報道官の仕事を回すのです。

それを知ったメリーは、オリヴィアとはパートナーの縁を切り、マーカスと別れるのです。

マーカスが可哀そう過ぎませんか?!

マーカスはこれまでもメリーがパニックになるたびに落ち着かせてあげたり、励ましたり、精神的に支えてきました。なのに、こんな風にフラれてマーカスが可哀そうですよね。

メリーは、フィッツの父親に強姦されたり、フィッツに浮気されたり、フィッツに恋人と引き裂かれたり…。いつも幸せを奪われて、観ている方が辛いです。今回こそと思っていたので本当に残念でしたね。

残されたビデオ…

ハックがジェニファーのパソコンから何か見つけました。そこには、フランキーとサイラスのやり取りが録画されていたのです。温厚なフランキーがサイラスに対して怒り狂っている様子が映像に残されていました。このビデオを見せられたフィッツは、ついにサイラスを調べるように指示を出したのです。

ハックがまたやってくれましたね。さすがのハックです。

しかし、フランキーがあんなに取り乱すほどの事をサイラスがしでかしたとしても、それでサイラスが暗殺までするのでしょうか。大統領就任の件はどうなっていくのでしょうか。

スキャンダルを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎dTVU-NEXTAmazon プライムビデオマーケット

本作品の配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

スキャンダルDVDはこちら

スキャンダルをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!