スキャンダル シーズン6第5話 あらすじ&解説&感想

Credit: Kelsey McNeal/ABC

ねたばれ注意!

こんにちは、Lilyです。スキャンダル 託された秘密シーズン6第5話「They All Bow Down」です。

前話ではフランキ―を殺したのはトムではない事が分かりました。一体誰の仕業だったのでしょうか。

未見の方は、以下ねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

大統領就任式まで後73日…

Credit: Kelsey McNeal/ABC

ホワイトハウスでは、メリーとジェイクが就任する方向で動いています。

副大統領に就任する予定のジェイクは、妻ヴァネッサとサリーの政治番組に出演する予定でしたが、ヴァネッサが「体調不良」の為にキャンセルしました。

実はこの二人の結婚には問題があり、この「体調不良」もヴァネッサが飲酒運転で事故をした事をごまかしていたのでした。

オリヴィアはメリーを使い、ヴァネッサにしっかりするように説得します。

 

ジェイクとヴァネッサは、裕福なヴァネッサの家の資金を確保するために父ポープのさしがねで結婚させられましたよね。最初はジェイクも多少その気があるように見えましたが、やはりうまくいかなかったのですね。

ジェイクの凄まじい過去をお嬢様育ちのヴァネッサに打ち明けられるわけないのですが、ヴァネッサからしたら夫について何も知らないという事が仮面夫婦のように感じるのでしょうね。しかも事あるごとにオリヴィアとつながっているし、嫉妬しても仕方がないと思います。

ジェイクも、ジェイクと父ポープ、ジェイクとオリヴィアという複雑な関係柄、ヴァネッサに心を開くのは難しいのでしょうね。

それにしても、メリーがヴァネッサに喝を入れるシーンがあるのですが、メリーがかっこよすぎてそのシーンが当分頭から離れませんでした。メリーだからこそ、説得できたという場面でしたね。素晴らしい、メリー!

 

ジェイクの不審な行動!?

 

Credit: Kelsey McNeal/ABC

 

ジェイクがこそこそ父ポープに会っている事や、ジェニファーのいるキャビンを爆破いた事が浮き彫りになりました。

父ポープからスイス・トラスト・ファンドのオリヴィア名義の口座からトムへ支払いがあった旨が記されている書類を受け取っていた事もです。それを知ったオリヴィアは父ポープに問い詰めるのですが、追い返されてしまいます。

訳が分からないオリヴィアは、ジェイクに人里離れたキャビンに連れて行かれます。そこで見たのは、死んだはずのジェニファーでした

 

えーーーー!!!でしたね。

まさかジェニファーが生きているとは思いませんでした。やられましたね!

そしてジェイクがジェニファーを匿っているとは。どういうことなのでしょうか。

父ポープも今までにない位不審ですよね。父ポープがオリヴィアのマイナスになるような事をするのでしょうか

スキャンダルを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎dTVU-NEXTAmazon プライム

本作品の配信情報は2018年1月18日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

スキャンダルDVDはこちら

スキャンダルをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!