クワンティコシーズン2第1話あらすじ&解説&感想

Credit: ABC

ネタバレ注意!

 

こんにちは、Lilyです!クワンティコシーズン2第1話「Kudove」です。

シーズン1の最終話では、SUVの車の中でCIAの仕事を受けるかどうかのところで終わりましたね。

ライアンから電話もかかり、どちらを取るかという状況でしたが、結局両方取ったような感じですね。

未見の方はネタバレ要素が入っていますのでご注意ください!


G20サミット

Credit: ABC/GIOVANNI RUFINO

ニューヨークの金融街でCIAアナリストとして働いているアレックスは、大統領の日例指示チームに配属されていたライアンに会い、婚約指輪を返しました(?)。

ニューヨークでは、国際的監視網に終止符を打とうと世界のリーダーたちがG20サミットに参加するところでした。会場周辺で数台の怪しいバンが同時に爆発しました。武装した集団は会場内に侵入し、ガスを使い(大統領とファーストレディーを含めた)全員の気を失わせます。

国民解放戦線(CLF)だと名乗るこの集団は、セキュリティ犯罪の犯人たちを恩赦させなければ、生物兵器をばら撒くと要求します。

大統領は要求通り最初の犯人を恩赦しましたが、ファーストレディーは首切りにされてしまいました。

アレックスが帰ってきましたね。髪をストレートにし、雰囲気が違ってましたね。私はあの巻き髪風の方がゴージャスで似合っているかなと思ったのですが、どう思いました?(笑)

ライアンとの仲がまたこじれていますね。あの二人はいつもそうですよね。

それにしてもこの国民解放戦線(CLF)というのは、恐ろしいですね。どこかの恐ろしい集団を再現しているのでしょうね…。

彼らの主張は、世界安全保障に違反したと不当に処刑された人々を解放して欲しいというものなのですが、これが後述するミランダとマシューが懸念していた事が本当に起きていたという事なのでしょうか?

二人は訓練の管理者のオーエンホール(ブレア・アンダーウッド)を疑っていたのですが、会場にあんなにあの時のメンバーが居合わせたという事は、オーエンが絡んでいるのでしょうか?

CIA訓練に侵入?

Credit: ABC/GIOVANNI RUFINO

アレックスとライアンは付き合っている、アレックスのルームメイトになったシェルビーはFBIで働いている、ケイレブは法学院に進んでいる、そしてニーマはアリゾナでカルテルを捕まえていました。

ライアン、シェルビーと待ち合わせしていたアレックスに謎の電話が入り、CIAエージェントに選ばれたから直ちに集合するように言われ、二人に嘘をついてその場を去りました。ライアンもそこに呼ばれていました。

鉢合わせた二人が嘘を重ねる関係に嫌気をさしたと口論をしていると、ミランダ(FBI副長官)とマシュー(CIA長官)が登場しCIAに侵入し中を探るようにと言われます。

(この時点では二人ともFBIだった様です(?)。)

他に選ばれたメンバー(陰気な写真ジャーナリストのレオン、気取った小説家のジェレミー、ひょうきんなイギリス人ハリー、やり手の保険数理士リディア)に二人の正体がバレないよう騙し通さなければいけません。

アレックスとライアンはこれから6か月訓練中は距離を置こうと決めました。確約のためにプロポーズしようとするライアンに、6か月後まで取っておいて欲しいというアレックス。二人は、ファームと呼ばれる訓練場でまた新しいメンバーとルームシェアをすることになりました。

その後の皆の様子が気になっていませんでしたか?それぞれ前に進んでいたようで良かったです。

私は個人的にシェルビーとケイレブに一緒になっていて欲しかったのですが、ちょっと違うようですね。

また新しいクワンティコ(今度はCIAアカデミー?)に入っていく二人ですが、これから半年どうなっていくのでしょうか?

クワンティコを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTVビデオマーケットAmazonプライム

配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

クワンティコシーズン1DVD

クワンティコをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!