クワンティコシーズン2第9話あらすじ&解説&感想

Credit: ABC/GIOVANNI RUFINO

ネタバレ注意!

 

こんにちは、Lilyです!クワンティコシーズン2第9話「CLEOPATRA」です。

「CLEOPATRA」とはCIA 暗号名で、標的の工作員を誘惑して情報を入手するように訓練されたスパイを指します。

クレオパトラというのは、歴史的人物で絶世の美女とも言われていますよね。

調べていくと本当に絶世の美女だったかは定かではないようですが、絶世の美女という代名詞から誘惑テクニックを使うスパイをクレオパトラと名付けたのでしょうかね?

未見の方はネタバレ要素が入っていますのでご注意ください!

クレオパトラ


ファームでは、「クレオパトラ」の訓練が行われています。

最初は行きつけのバー、ゴールドリーフで大学生たちからいくら連絡先を入手できるか競い合います。

その後、結婚式に潜り込み、決められたターゲットと一晩共にするように課されます。行き過ぎたと反論するメンバーに、身体を許すくらい近づく事が出来なければスパイはできないと言うオーエン。

ライアンとセバスチャンはミッションを成功させました。ダイアナはターゲットを殺してしまい、レオンがそれを始末します。

アレックスはターゲットよりもオーエンに張り付き、ハリーから渡された薬を飲ませます。その薬でオーエンの居場所を追跡できるのです。

ライアンがAICの携帯電話を持っているの知ったアレックスは、ライアンに自分も持っていると偽物の携帯電話を見せました。

いやー、本当にこんな訓練が行われているんですかね?(笑)

暗号名が実在しているという事は、クレオパトラは実際に行われているわけですよね。そこにいくまでの過程ってどうなんですかね?

ターゲットと距離が近いだけに向き不向きがありますよね。その辺りも含めて適切な人が選ばれてターゲットを言い渡されるという感じなんでしょうか…?

最近、IS勧誘員と結婚したFBI通訳者がいましたよね。彼女は、逆クレオパトラされてしまったでしょうかね…?

仮にデニス・カスパート(IS勧誘員)にダニエラ・グリーン(FBI通訳者)に気持ちがあって本当に結婚したかったのだとしても、グリーンさんはカスパートさんに秘密情報を漏らしているので、それが目的だったかどうかは分からないですよね。

何か、CIAの訓練キャンプらしいというか、メンバーの中もスパイし合いっこですよね。アレックスもとうとうライアンに嘘をつき始めましたね…。婚約したばかりなのに。ここまで不健全なカップルもなかなかいないですよね(笑)

ミランダ


FBIに捕らえられたアレックスは、ハンナ(ライアンの元妻)に事情聴取されます。ファームで起きた事を説明していると、シェルビーが入ってきて、AICはテロリストではないと言います。AICがテロリストを追っていると。

ミランダに報告をしようとした3人は、ミランダの不審な行動に気が付きます。ハンナとシェルビーがミランダを探しに行っている間に、ミランダはアレックスを連れ出しました。

とうとうミランダが動き出しましたね。

シェルビーが言っているように、AICがテロリストを追っているのならライアンはAICとしてテロリストを追っているのでしょうか?ライアンがテロリストっていうのがいまだに納得がいかないんですよね。そうであって欲しいです。

参考・参照記事

FBI女性職員、捜査対象のIS勧誘員とシリアで結婚

Season 2 (naming of episode titles)

クワンティコを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTVビデオマーケットAmazonプライム

配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

クワンティコシーズン1DVD

クワンティコをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!