クワンティコシーズン2第12話あらすじ&解説&感想

Credit: ABC/Nicole Rivelli

ネタバレ注意!

 

こんにちは、Lilyです!クワンティコシーズン2第12話「FALLENORACLE」です。

「FALLENORACLE」とはCIA 暗号名で、国家安全保障局(NSA)のカタログデータベースを指します。このデータベースは、組織のシグナルインテリジェンス(SIGINT)プログラムを使用し作られています。

プログラムの目的は、特定のグループまたは個人の情報を収集、処理、分析、配布、保存することで、これらの情報は、ソーシャルネットワーク分析、メタデータ分析、そして様々なハッキングツールを介したターゲット調査から収集されます。

未見の方はネタバレ要素が入っていますのでご注意ください!

スリの訓練!?


今回のレッスンは、「誤報」です。

NSAに潜り込み、メンバー達のデジタルな形跡を消すことが課されました。

ライアンはリディア(AIC)の指示で東海岸地帯で交わされたメール、電話などを監視できるようにデバイスを取り付けます。アレックスは後追いし、そのデバイスを監視するためのデバイスを取り付けます。

ダイアナはレオンが捕まるように仕向け、ファーム(AIC)から追放しました。レオンとFBIの契約も白紙に戻り、ジェーン(シェルビー)とも別れました。

リディアは、公園で捕まえた老人はCIA要員でやらせだった事、今回NSAに機械を設置した事で国外のテロ攻撃を防ぐことが出来る事をライアンに話します。それを信じたライアンは、アレックスにリディアはCIAの反徒ではないと訴えます。

アレックスとオーエンは謎の地下室で、リディアを含むファームのメンバーのありとあらゆる写真や情報を見つけました。ガスが漏れている事に気が付いた二人は、その場を離れ警察に通報します。その間に何者かが地下室のドアを開け、地下室は爆発しました。

レッスンの中で、メンバーがゴールドリーフに行きスリを繰り返すシーンがあるのですが、これって大丈夫なのかなと思って観ていました。こんな訓練ってあり得ないですよね。いくらその後所有者に返すとしてもCIAだからって一般の人を巻き込んでこんな訓練するとか行き過ぎですよね!?

ダイアナが迷走し始めましたね。レオンを追放するとは…。でもサミットではレオンとダイアナは親密そうでしたね。ここからまだ展開があるのでしょうね。

リディアの話しは、疑わしいですよね。本当なのかな…と思って仕方がないです。何故か、リディアがうさん臭いんですよね。

テロリストを挑発

ビルの中では、ウィルが反徒はまだこの中にいる、誰だか分からないが自分なら突き止める事が出来るとみんなに聞こえるように話します。テロリストをおびき出すための挑発です。

その挑発に乗ったのは、セバスチャンの妻カーリーでした。カーリーはCIAの反徒で、正体を隠すためにセバスチャンと結婚したと言います。

そのゴタゴタの間に、ウィルが行方不明になってしまいました。外に出ると、リディアがFBI救助隊の中にいました。反徒はダイアナで、ウィルと一緒に中にいると言います。

セバスチャン、やられましたね!!

まさか、カーリーがセバスチャンを利用しているとは思いませんでした。セバスチャンは個人的な事(性的なアイデンティティへの迷い)に頭を取られていたので、そこを突かれたという事なのでしょうね。

そしてまたもや、ダイアナが動きました。ダイアナがどっち側の人間なのか全然分かりませんね(・_・;)

リディアも信じられないんですよね。分からなくてイライラしますね(笑)!

参考・参照記事

FALLENORACLE | Quantico Wiki 

クワンティコを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTVビデオマーケットAmazonプライム

配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

クワンティコシーズン1DVD

クワンティコをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!