クワンティコシーズン2第14話あらすじ&解説&感想

Credit: ABC/GIOVANNI RUFINO

ネタバレ注意!

                    

こんにちは、Lilyです!クワンティコシーズン2第14話「LNWILT」です。

「LNWILT」とはCIA 暗号名で、防諜隊(Counter Intelligence Corps, CIC)を指します。

スパイ活動などによって秘密が漏れることを防ぐ為に動くチームですね。まさにアレックス達のチームを指していますよね。

未見の方はネタバレ要素が入っていますのでご注意ください!

新しいチーム編成


タスクフォース(任務部隊)は、マシュー、オーエン、クレイ・ハースに率いられる事になりました。父親の不倫を知っているクレイは、シェルビーを嫌っています。

チームは、リディアがアップロードしたデータのキャッシュに誰かがアクセスしている事を知らされます。そしてそのデータには、貨物航空機のメンテナンスのパターン、セキュリティーが含まれていました。

ケンタッキー州で、貨物航空機が墜落した事件がありました。GIPという会社がその貨物機に乗せていた貨物を空売りした事で利益を上げていた事が分かったのです。チームは詳細を探る為にGIPのパーティに参加しましたが、GIPがポンジ・スキーム(※)を働いている事しかつかめませんでした。

アレックスがスパイである事がバレそうになったところを助けてくれたのは、ハリーでした。ハリーは、ファームでのミッションに失敗して事からMI6を解雇されていました。GIPのケースを単独で解決しMI6に復職する事が狙いです。

ハリーの協力もあり、アレックスはこの墜落で利益を得ているENGINEという会社がある事を発見しました。ENGINEは、他の墜落事故からも利益を得ていたのです。

レオンがダイアナとアレックスに連絡してきました。誰かに追われていると…。神経質になっているだけだと二人になだめられました。しかし、その場を離れた後レオンは何者かにさらわれてしまいました。

(※)詐欺の一種で、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、実際には資金運用を行わず、後から参加させた別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に「配当金」などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。(Wikiより)

何か、あまりにもストーリーが仕切りなおされているので、新しいシーズンかと思ってしまいますよね。

ここまでは、二つのタイムラインで構成されていましたが、ここからは一つになるみたいですね!あの二つの行ったり来たりも良かったのですが、少しこんがらがってしまいますよね。全然目が離せないというか…(笑)個人的には、一つに戻ってくれて良かったです。

クレイというケイレブの弟が、非常に美形です(笑)。しかもケイレブより出来が良いのですよ。人間的にも。シェルビーと気まずい仲なのですが、仕方がないですよね。兄と恋仲だった後に、父と不倫ですもんねー。いや、これは仕方がないと思います。

ライアンとアレックスも微妙な関係だし、シェルビーとニーマもAICの事でわだかまりが残っています。

ハリーも、オーエンも帰ってきてここからどうなっていくのか楽しみです!

参考・参照記事

CIA cryptonym

クワンティコを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTVビデオマーケットAmazonプライム

配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

クワンティコシーズン1DVD

クワンティコをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!