殺人を無罪にする方法シーズン2第3話あらすじ&感想

Credit:ABC

ねたばれ注意

こんにちは、Lilyです!殺人を無罪にする方法シーズン2第3話「It’s Called the Octopus」(危険なパーティーの結末)です。

未見の方はねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

殺人を無罪にする方法シーズン2第3話あらすじ

今回のエピソードのテーマは「セックス」でした。「犯罪法とセックスがどう関係しているのか?全てにおいてです!」と授業を始めるアナリーズ。

アナリーズの担当したのは、セックス・パーティを開催しているクリニックのオーナーがその最中にクライアントが心臓発作で亡くなってしまったというケースでした。そのオーナーが直前にクライアントに(心臓発作のリスクのある)「元気になる薬」を飲ましていた事が判明し、オーナーを罵ったアナリーズですが、公判ではクライアントの妻に責任を負わせた形にして勝訴しました。

フラッシュバックシーンでは、ハプストール家のマンションでアナリーズが血を流しながら横たわっています。キーティング5が逃げた後、ネイトからの電話に答えようと踏ん張るアナリーズでしたが、手が届きませんでした。

コーナーとオリヴァーはHIVの治療終わり、やっとセックスが出来るようになりました。ボニーをアッシャーは相変わらずアツいです。ローレルはフランクに「ジゴロ」扱いされたくないと言われ、お互いを知る期間を設けています。ミカエラは、オーガズムを一度も経験してない事が皆にバレてしまいます。

そしてウェスは、ネイトと組み、レベッカの行方不明にアナリーズが関与しているのかを突き止めようと動きます。

殺人を無罪にする方法シーズン2第3話感想

アナリーズがクリニックのオーナーにあんな言い方をするとは意外でした。アナリーズのセクシュアリティはこのドラマの中でもとても興味深いところなんですが(いまだにはっきりしていないですよね?バイセクシュアルという位しか)、殺すつもりではなく純粋に愛する人とセックスを楽しもうと飲ませたという経緯を踏まえた上で同じ女性に対してあそこまで罵倒する必要があったのでしょうか。アナリーズの冷たさを映したシーンでしたね。

アナリーズがネイトの家に“I miss you”(あなたが恋しい)と涙を流しながら訪れるシーンがあるのですが、どこまで本当なのかなと思いませんか(笑)?前回はイヴのも同じような事をしましたよね。あれが本心だったのかと思いきや、あれは過去の事だと言うし…。アナリーズの言動がどこまでが本音でどこまでが演技なのか、ちょっと見えないですね。

フラッシュバックシーンも相変わらずあまり進展がないです。まだまだよく分かりませんね…。ネイトがアナリーズを心配している事くらいですかね?あまりにも小出しなのでイラっとしますね(笑)。

殺人を無罪にする方法シーズン2を観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTV

配信情報は2018年1月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

殺人を無罪にする方法のDVDはこちら(2018/3/2~シーズン3発売予定)

殺人を無罪にする方法をレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!