THIS IS US 36歳、これからシーズン1第9話あらすじ&感想

Credit:NBC

ねたばれ注意!

こんにちは、Lilyです!THIS IS US 36歳、これからシーズン1第9話「The Trip」です。

ついに日本放映も決定した「This Is Us」。前エピソードは、散々なサンクスギビングでした。ランダルは立ち直れるのでしょうか?

ねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

THIS IS US 36歳、これからシーズン1第9話 あらすじ

サンクスギビングの翌日、ランダルはレベッカがウィリアムの居所を知っていた事に怒っています。ウィリアムの話しからすると、ジャックも一切知らなかったようでした。ジャックはランダルが自身のルーツを模索する中で、自分がランダルのルーツになろうと努力していた事も知らないのです。

レベッカから、家族の別荘(キャビン)を売る話しを聞いたビック3は、思い出のたくさん詰まったキャビンに最後にもう一度泊まりに行く事にしました。3人水入らずの時間にするつもりでしたが、ケヴィンはオリヴィアを招いてしまいました。しかもオリヴィアは、元カレ(アッシャー)と、車を持っているスローンを連れてきてしまいました。

当初の予定からはかけ離れ、キャビンではあちこちでセラピーが行われていました。それぞれがお互いに対する意見を言い合うのです。ランダルはそこから自分の人生や母親の事を客観的に観ることができました。ケイトは胃のバイパス手術に関して賛否両論され、ケヴィンはオリヴィアへの気持ちに気が付いたようです。

THIS IS US 36歳、これからシーズン1第9話感想

ランダルの怒り方がかわいいです。

36歳、妻と子供が二人の父、エリートビジネスマンのランダルが紙とペンを持って怒っている理由を書き出しているんですよ!

かわいくないですか?(笑)

ランダルの子ども時代も含めて、あの性格というか人柄が大好きです。現実にあんな人がいたら絶対私も家族になりたいです!

今回のタイトル「The Trip」は別荘へのトリップかと思ったら、ランダルの回想をもじったトリップだったんですね。素晴らしい。

ランダルは、心の底ではジャックとレベッカに愛されていた事、置き去りにされる事は決して無いのを分かっていたんです。マッシュルームでハイになっている時のジャックとの会話はランダル自身から出てきた言葉なんですよね。

ランダルがハイになったのもあまりの予想外で面白かったですが、今回のエピソードはランダルの深い深い感情が映されていて胸に響きました。ランダルに惚れました!

ケヴィンとオリヴィアははっきりして良かったですよ。ケヴィンのケイトへのべったりぶりは考え物ですが、(私なら絶対そんな人と付き合えないですね)オリヴィアはひどすぎます。

でもオリヴィアのケイトへの意見には私も共感できます。確かにバイパス手術をして何も変わらなかったらどうするのでしょうか?

バイパス手術には色んなリスクもあるのにそれを冒してまで手術して、ケイトの求めている事が起こらなかったらケイトは立ち直れるのでしょうか?

私はバイパス手術には、反対です。代償が大きすぎます。

ケイトが思いとどまってくれることを願って…

THIS IS US 36歳、これからを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVAmazonプライムauビデオパス‎dTVU-NEXTビデオマーケット

本作品の配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

THIS IS US 36歳、これからDVDはこちら

THIS IS US 36歳、これからをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!