THIS IS US 36歳、これからシーズン1第11話 あらすじ&感想

Credit:NBC

ねたばれ注意!

こんにちは、Lilyです!THIS IS US 36歳、これからシーズン1第11話「The Right Thing to Do」です。トビーは生きていますよ!安心して下さい!

ねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

THIS IS US 36歳、これからシーズン1第11話 あらすじ

三つ子を授かると知ったジャックとレベッカは、パニックに陥りました。パッシブアグレッシブ(受け身なのに攻撃的)な母親みたいになりたくないというレベッカと、暴力手な父親みたいになりたくないというジャックですが、三つ子を迎えるにあたり、正しいことをしよう(The Right Thing to Do)とレベッカは母親の家に住まわせてもらうように頼み、ジャックは疎遠になっている父親にお金を借りに行きました。車も売り、家を確保したジャックにレベッカは大安堵でした。

ケイトは病院でトビーに付き添っていました。ドクターから心臓にある穴を埋める手術を勧められましたが、かたくなに断るトビーにケイトは子どもっぽいと怒り病室を出て行きました。考え直したトビーは、その日に手術を受けることにしました。

ケヴィンがスローンと劇の話しを進めていたところに、オリヴィアが帰ってきました。ケヴィンは、劇もプライベートもスローンかオリヴィアを選ばないといけません。考えたあげく、正しいことだから(The Right Thing to Do)とスローンを選びました。

ウィリアムがバイセクシャルだと知ったランダルは何故かスッキリしませんでした。自分は偏見を持っているのかと悩んだあげく分かったのは、ウィリアムが家族を置いてジェシーと時間を過ごすのが納得がいかなかったのです。

ところが、ウィリアムは、ジェシーとの時間を楽しんでいるのではなく、がんが進行しているからジェシーに手伝ってもらって最期の住処を探していたのです。正しいことをしようと(The Right Thing to Do)していたのです。

THIS IS US 36歳、これからシーズン1第11話 感想

今回のエピソードは、それぞれが正しいことをする(The Right Thing to Do)という内容でした。

ジャック&レベッカは自分の感情を押し退き三つ子が迎えられる環境を整えようとします。

トビーは恐怖心を押し退き、ケイトの為に手術を受けます。

ケヴィンは、小悪魔的なオリヴィアではなく誠実なスローンを選びます。

ランダルに迷惑をかけないようにと最期を迎える施設を探しまウィリアムに、ランダルは最期まで一緒にいたいと申し出ます。

どれもこれも涙が出そうでした。

三つ子を迎える覚悟をするジャックとレベッカには尊敬の念しか生まれないし、ランダルとウィリアムのお互いを想い合う姿は涙なしには観れません。

ケヴィンの選択はどう見ても100%正解なのに、何でオリヴィアに「自分の欲しい方ではなく、正しい方を取った」と言ったのでしょうか?

私にはその心が分かりませんでした。オリヴィアを傷つけない為に言ったとしか説明がつきません。

ケイトの容姿の問題ではない部分が見れましたね。トビーを看病するところ、「愛している」と伝えるシーン、すごく良かったです(涙)。

THIS IS US 36歳、これからを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVAmazonプライムauビデオパス‎dTVU-NEXTビデオマーケット

本作品の配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

THIS IS US 36歳、これからDVDはこちら

THIS IS US 36歳、これからをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!