THIS IS US 36歳、これからシーズン1第13話あらすじ&感想

Credit:NBC

ねたばれ注意!

こんにちは、Lilyです!THIS IS US 36歳、これからシーズン1第13話「Three Sentences」です。ケイトがバイパス手術を思いとどまりますよ!良かったー。

ねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

THIS IS US 36歳、これからシーズン1第13話 あらすじ

ビック3の10歳の誕生日がやってきました。毎年恒例の3人合同の誕生日会ではなく、それぞれのテーマでやりたいというケヴィンとケイトにランダルも賛成し、今年は3つの誕生日会を開く事になりました。

3人の成長の早さを感じたジャックはもう一人子どもが欲しいと言い出します。

3つの誕生日会をした事で良い意味でも悪い意味でもそれぞれの個性が浮き出ました。その日の夜、3人の個性が育っていくのに親のケアが益々必要になる事に気が付いたレベッカとジャックは、もう一人子どもを持つのは賢明ではないと考えました。

ケイトは、トビーの心臓手術が終わったこのタイミングでバイパス手術を受けるのはよくないと考え直しました。

そこでドクターに勧められた1か月減量ブートキャンプに参加する事にしました。想像していたキャンプと違った事に驚いたケイトですが、次第に参加していきます。

残されたトビーは、ケイトの代わりにケヴィンと時間を過ごす事になりました。

ケヴィンはオリヴィアvsスローンの事でまだ悩んでいました。相談に乗ったトビーは、「目を閉じて、心に従って選べ」と教えてあげます。

そこで、ケヴィンが選んだのは、オリヴィアでもスローンでもなく、元妻のソフィーでした!

ランダルは、ライバルと競って24時間後に締め切るプロジェクトを始めていました。

そこへ化学療法を止めて気持ちが元気になったウィリアムが訪ねてきてランチに行こうと誘います。優先順位を考えたランダルはウィリアムと一緒に出かける事にしました。

THIS IS US 36歳、これからシーズン1第13話 感想

ケヴィンに元妻がいたなんて…!!!

びっくりしましたねー!

しかも12年前に別れたというじゃないですか。

という事は、ケヴィンが24歳の時って事ですよね?「The Manny」より前の話しですよね?

ソフィーはケイトの親友だと誕生日会で言っていましたが、これまで一度も出てきた事がなかったのは、二人の友情は途絶えてしまっているとい事なんでしょうか?

いやー、まさかまさかでした。

それにしても、あのトビーの的確なアドバイスには惚れますね!もー、大好きです。

ケイトの心を開いた瞬間にもびっくりしましたね。

このキャンプはただの減量プログラムではなく、もっと深いライフスタイルのプログラムになっています。

そこでケイトが、子どもの頃からの色んな出来事を回想して感情が湧き出るというシーンなんですが、そこにはジャックの死が大きく関係していそうです。

回想シーンで出てきたジャックのお葬式には、二十歳前後のビック3の姿がありましたが、レベッカの姿は見えませんでした。この時点でレベッカとジャックは別れていたのでしょうか?

ランダルとウィリアムのデートは、ただただ悲しいです。

化学療法を止めたとなると、残された道は最期を楽しむ事になります。ウィリアムは、化学療法の副作用から解放され、気分は上昇していますが、現実的に時間に限りがある事を分かっています。このドラマは既にシーズン2、3の更新が決定しているのですが、ウィリアムにはずっと出演していて欲しいです。

THIS IS US 36歳、これからを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVAmazonプライムauビデオパス‎dTVU-NEXTビデオマーケット

本作品の配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

THIS IS US 36歳、これからDVDはこちら

THIS IS US 36歳、これからをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!