殺人を無罪にする方法シーズン3第8話 アナリーズとフランク

Credit:ABC

ねたばれ注意

殺人を無罪にする方法シーズン3第8話「No More Blood」。もう血は流さない。

未見の方はねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

殺人を無罪にする方法シーズン3第8話あらすじ

フランクはローレルのアパートにやって来ました。全然嬉しくないローレルでしたが、一人になったら何するか分からないと言うので仕方なしに泊めました。

ウェスはマホーニーの件で召喚状を受け取りました。アナリーズは、フランクを使ってチャールズを探ります。ニューヨークでチャールズの弁護士が会っていたのは、フランクにお金を渡してアナリーズの部屋に盗聴器を仕掛けさせたマホーニーの手下リサでした。

リサを追いかけて家にまで侵入したフランクは、アナリーズとボニーに連絡し何でもやると言います。しかし、アナリーズは何もするなと退散させます。

ローレルと正式に付き合いだしたウェスは、フランクの登場をこころよく思っていませんでした。アナリーズは、心配することは無いとなだめ、ローレルとの仲を喜んでいると言います。

ウェスは、裁判所が指定した精神科医と会っていました。そこでまた嘘をつくのです。マホーニーが撃たれたころ、道の向かいでチャールズを見たと言いました。

その頃アナリーズは、罠を仕掛けていました。拘置所にいるチャールズに使い捨てのプリペイド電話を持たし、フランクを使ってその電話にリサの自宅から電話を入れます。裁判で、通話記録を証拠としてあげ、リサがチャールズのアリバイというのは信用できないと主張するのです。

結果、ウェスの容疑は晴れました。

アナリーズは、ハーグローブ学長の家庭の事情を知ってから、親身になり始めました。紹介した弁護士と良い話しにならなかった事を知り、アナリーズ自身がハーグローブ学長の弁護を引き受けたのです。

そして、フランクとアナリーズ。ついに、対面しました。アナリーズ宅にやってきたフランクは泣きながら謝りますが、アナリーズは許す気配はさらさらありません。銃を出し、責任を取って死ぬというフランクに、やってみろというアナリーズ。ボニーがやってきて、やめてと止めに入ります。3人の感情が交互に行き交うままエピソードは終わりました。

殺人を無罪にする方法シーズン3第8話あらすじ

フランクとアナリーズの対面、非常に緊迫したシーンでした。

アナリーズは、涙より先に鼻水が出るタイプなのでしょう。いつもアナリーズが泣く時に鼻水が勢いよく出ているのが気になって見てしまいます。この辺りが日本のドラマと違いますよね。日本のドラマで女優さんがあんなに鼻水を出しているところは見た事がありません(笑)。

フランクが本当に発砲するのでしょうか…?

でも、フランクが自殺したとしたら、それでアナリーズの気が済むのでしょうか?

死ぬ事で償おうというフランクは甘いし、浅はかです。私がアナリーズだったら、絶対死なせないし、他の方法で一生かけて償ってもらいたいです。

殺人を無罪にする方法を観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTV

配信情報は2018年1月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

殺人を無罪にする方法のDVDはこちら(2018/3/2~シーズン3発売予定)

殺人を無罪にする方法をレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!