ナルコスシーズン1第1話 コロンビアの麻薬王の実話です!

ねたばれ注意

麻薬王パブロ・エスコバルの生涯、麻薬取締捜査官たちの戦いを描いた実話に基づいたドラマナルコス(原題:Narcos)シーズン1第1話「Descenso」(奈落の底へ)です。

未見の方はねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

ナルコスシーズン1第1話あらすじ

1989年、スティーブ・マーフィー(ボイド・ホルブルック)は麻薬捜査官の特命チームとしてコロンビアに派遣された。パートナーのハビエル・ペーニャ(ペドロ・パスカル)とエスコバルのトップマン、ポイズンを追ってた。

DEA(麻薬捜査組織)の権力が及ばないコロンビアで、マーフィーは現地の警察に賄賂を渡し、ポイズンのいるカラオケバーに行かせました。そこでポイズンを撃ちました。

1980年代にニクソンがチリの独裁者アウグスト・ピノチェトを支援した事でコカインの問題が勃発した。

チリの砂漠でコカインを製造していたコックローチ達は軍隊に襲撃された。ピノチェトの指示だった。コックローチは死んだふりをして何とか助かった。

早急に製造したコカインを国外に出さなければいけない。そこで、闇市場の商人だったエスコバルを雇った。コロンビアに運ぶ時、エスコバルは言った。「ここで10ドルで売れるなら、マイアミだったらいくらになるのか…」

1979年のマイアミでは、マーフィーはヒッピーたちをマリファナ容疑で追いかけていた。

同僚たちとボーリング場に来ていたマーフィーは、そこに来ていた女の子たちと知り合いになった。その内の一人が現在のマーフィーの妻コニーだ。

80年初め頃、アメリカでのコカイン密売はどんどん広がっていた。何キロ押収しても全然追いつかなかった。エスコバルのオペレーションは拡大する一方だった。

リオンという男を雇い、エスコバルの母親にスーツを特別仕様に仕立てさせ、5キロのコカインを忍ばせて飛行機に搭乗させたり、貨物車のスペアタイヤの中に忍ばせ、それらをプライベートジェット機で運ばせたりした。

さらに、女を使い、小玉に包んだコカインを50~70個飲ませ運ばせた。その内の妊婦が、体内のコカインの袋が破けて大量摂取で死亡してしまった。たまたま運ばれた病院に勤めていたのが、マーフィーの妻コニーだったのだ。

マイアミでのドラッグ問題は深刻になっており、リーガン大統領は麻薬戦争を始めるしかなかった。

コックローチはエスコバルの取引から売り上げを盗んでいた。現地の民兵カレラ大佐とグルになってくすんでいたので、エスコバルはこのカレラ大佐に直接交渉に行った。お金を前にカレラ大佐はすんなりとコックローチを裏切りエスコバルに全てを話した。

マーフィーとコニーは、密売ビジネスをストップしたいとコロンビアに行く事にした。

 

ナルコスシーズン1第1話感想

話題のナルコスをやっと観始めました!

ブレーキングバッドを10年に一度の最高作だと思っていた私にそれを抜くドラマだと夫に勧められて観始めました。実話という所がさらに面白さを増しさせます!

1話は始めの説明とかで最初少し眠たくなりますが(スペイン語の割合が多いです)、要約すると、80年頃からコカインの密売がどんどん広がり、チリからコロンビアに持ち込んだエスコバルが、更に密売ビジネスを拡大してそれを目の当たりにしたマーフィーは夫妻がアメリカで摘発してもらちががあかないとコロンビアに乗り込んできたという内容です。

最初に出てきたポイズンの死は、マーフィーたちがコロンビアに来た後、そこで活動している時に起きた事件です。これを機に、エスコバルは、マーフィーの首を持ってきたら50万ドルの賞金を出すと恐ろしい戦いになっていくのです。

話しが色々飛んだり、色んな人が出てきたりややこしいシーンが結構あるので、できるだけ詳しく書いていきたいと思います。「ん?」と思った時に「あー、そういう事か」とすっきりしてもらえたら幸いです。

ナルコスシーズン1DVD

レンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ナルコスシーズン1動画配信で観るなら

Netflix

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!