ナルコスシーズン3第7話 家宅捜索…

ねたばれ注意

ナルコス(原題:Narcos)シーズン3第7話「Sin Salida」(出口なし)です。

未見の方はねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

ナルコスシーズン3第7話あらすじ

パチョは、教会を襲撃し、ノースバリーに宣戦布告をした。

何度も失敗に終わっている事から、ピーニャはプレッシャをかけられていた。これが最後だと釘を刺されながら、ミゲル捕獲の計画を立てた。

買収されていない信用できるオフィサーに協力してもらい、クリスとダンと打ち合わせて、ミゲルのマンションに向かった。

チームがマンションに乗り込んだ時には、ミゲルの姿はなかった。チームはくまなく探した。探し続けて何時間も経ち、ダンは、マンションのお風呂場が、他の階に比べて明らかに小さい事に気が付いた。お風呂場の中に、隠れ場所があるのではないかと、壁にドリルで穴を開け始めた。

その壁の裏には酸素マスクをつけたミゲルが隠れていたのだ。一つずつ穴が開き、壁を壊し始めた時、ダビドに連れられてカリカルテルの弁護士がやってきた。捜査状には壁を壊してもいいとは書いていないと、直ちに手を引くように要求してきた。

DEAは法的な捜査以外はできないと手を引いて退散した。

クリスとダンはボゴタに送り返らされる事になった。ホルヘは、刑事免責を受けられなくなったのだ。妻は子どもを連れて実家に帰ってしまったし、踏んだり蹴ったりのホルヘ。

ナルコスシーズン3第7話感想

 

今回のエピソードは、何といってもミゲルを探すところでしたね。ダンが壁にドリルで穴を開けていくんですが、緊張感が半端なくやばいです。

私はこのままミゲルが見つかってしまうと思っていたのですが、間一髪で助かりましたね。ダビドがやりましたよ。弁護士を連れてきました。お手柄ですね。

いやー、しかしこれでホルヘの将来はどうなってしまうのでしょうか…?

ミゲルの居場所は誰かが漏らさないと、ばれる可能性は至極低いので、また犯人を捜せという事に絶対なりますよね。しかも、今回は更に事は深刻ですよ…。

ホルヘの妻と子どもが出て行ってしまった事も、見た目的にまずいですよね。何かあったから逃がせたと思われてしまいますよね。

どうなるでしょうか…?

ナルコスシーズンDVDはこちら(2017/10/4シーズン2発売予定)

ナルコスをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ナルコス動画配信で観るなら

Netflix

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!