BIG LITTLE LIESビッグ・リトル・ライズシーズン1第2話あらすじ感想

©HBO

ねたばれ注意

「BIG LITTLE LIES」(ビッグ・リトル・ライズ)シーズン1第2話「Serious Mothering」(真剣な子育て)です。

未見の方はねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

BIG LITTLE LIES (ビッグ・リトル・ライズ)シーズン1第2話あらすじ

マデリンはつねにイライラしている。おませなマデリンがあまりにもネイサンに執着しているのでエドがキレた。自分よりもネイサンの存在の方が大きいのではないかと。

セレステも夫婦でケンカをしていた。セレステと夫ペリー(アレクサンダー・スカースガード)は暴力にまで至っていた。しかも暴力を振るった後、必ず情熱的なセックスをし仲直りをする。

小学校では、レナータの娘アマベラの誕生日会が開かれると招待状が配られていた。みんなに嫌われているから学校に行きたくないというジギーは、ジェーンになだめられ学校にきたのに、自分だけアマベラの誕生日会に招待されなかった。

ペリーとセレステも双子を連れて学校に送ってきた。ペリーがオリエンテーションに参加できなかった事でまた怒り始めた。セレステは新しいカウンセラーを見つけようと提案した。

ジギーは、アマベラと仲直りしようとハグしてキスしようとした。クロエ(マデリンの娘)やスカイ(ネイサンの娘)も一緒になっていた事から全員の親が学校に呼ばれた。レナータは訴訟をおこすと出て行き、ジェーンはいたたまれなくなって泣いてしまう。

マデリンとセレステは飲みに出ていた。そこでレナータに偶然会い、クロエもアマベラの誕生日会には行かせないと宣戦布告をした。

BIG LITTLE LIES (ビッグ・リトル・ライズ)シーズン1第2話感想

セレステとペリーの関係が尋常じゃないですよ。怖い。セレステは嫌々ケンカの後のセックスに応じているのかと思いきや、意外と好きだと言います。マデリンは、それはやばいんじゃない?と指摘した事からちょっと意識が変わったかもしれないですが、どうですかね?

激しいというか、少し痛いのが刺激と感じる人も世の中にはいますよね。セレステにそういう性癖があるのか、真剣にDVのヴィクテムなのか分からないですね。ペリーの行動パターンは絶対にDVですよね。

殴ったあとの花を送るとか本当に寒気がします。あり得ないですね。

それにしてもニコール・キッドマン顔も体も美しいですねー。50歳ですよー。50歳であんなきれいな胸とか素晴らしいですね。このドラマはヌードとかを見せるようなドラマではないけどキッドマンだからそうしたのでしょうね。

他の映画とかでも脱いでましたよね?あんなにきれいだったらもう芸術の世界でしかないですよね。一日でいいからあの体を借りてみたいです(笑)。

ジェーンの青いドレス姿もだし、殺人事件もだしまだ何も解明されていないです。

BIG LITTLE LIES (ビッグ・リトル・ライズ)を観るなら

HuluAmazonプライム

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!