BIG LITTLE LIESビッグ・リトル・ライズシーズン1第4話あらすじ感想

©HBO

ねたばれ注意

「BIG LITTLE LIES」(ビッグ・リトル・ライズ)シーズン1第4話「Push Comes to Shove」(いざとなったら)です。

未見の方はねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

BIG LITTLE LIES (ビッグ・リトル・ライズ)シーズン1第4話あらすじ

マデリンはネイサンからアビゲイルの様子を聞くが、未だに納得がいかない。セレステに話しを聞いてもらってもまだ心が落ち着かないまま家に帰ると、アドが衣装を着てカラオケをしていた。寝ていたクロエも参加して楽しそうな姿に心を癒されるマデリン。

ジェーンは眠れない日々を過ごしていた。引っ越しをしようかと考えている事をマデリンとセレステに打ち明ける。児童精神カウンセラーに診てもらいに行く事になった。カウンセラーの診断では、イギーが暴力を振るう事は考えられないとの事だった。

マデリンとセレステは市長とのミーティングに向かった。マデリンのやりたい劇の許可をもらう審議会だ。相手方にはレナータも参加していたが、セレステの活躍で許可が下りた。セレステは仕事に戻りたいとマデリンに打ち明ける。

ペリーとまたケンカになり、暴力を振るわれたセレステは、二人を担当している精神カウンセラーに一人で会いにいった。

ジョセフとメデリンの間にも変化が起きていた。二人は劇の許可が下りた事を喜んでいたあまり、体の関係を作ってしまう。そして、割り切れないジョセフは、またマデリンに会いにくる。

BIG LITTLE LIES (ビッグ・リトル・ライズ)シーズン1第4話感想

マデリンが浮気をしているとは思いませんでしたね。まさか、ジョセフとなんて...

エドが超優しい夫なだけに可哀そうで...でもマデリンが家に帰ってからエドとセックスをしようとした時のあのぎこちなさを見ると何かそういう事なのかなとも思ってしまいます(笑)。完璧な人はなかなかいないですよね。

イギーがかわいすぎて心が痛むエピソードでしたね。水族館に行って、ピザを食べて楽しい一日を過ごした後には何かがあると1年生の男の子が悟るなんて、心が痛いですよ。イギーの性格的なものなのか、これまでの環境がそうさせたのか、どうなのでしょうね。

私の姪がちょうと1年生ですが、ここに出てくる子どもたちと比べるとすごく幼いです。姪が平均的な幼さなのかも分かりませんが、このドラマの中の1年生はみんなしっかりしていますよね。こんなものなのでしょうか?

セレステが覚醒しましたね。あの市長との審議会というきっかけが良かったのでしょうね。素晴らしいですよ。ここからはどうやってペリーから離れるかでしょうね。ペリーがどれだけ凶変するか、考えただけでも怖いですが、絶対頑張って欲しいです。

BIG LITTLE LIES (ビッグ・リトル・ライズ)を観るなら

HuluAmazonプライム

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!