殺人を無罪にする方法シーズン4第4話 あらすじ&感想

©ABC

ねたばれ注意

殺人を無罪にする方法シーズン4第4話「Was She Ever Good at Her Job?」です。彼女は結局のところ仕事ができるのか?という感じのタイトルですが、アナリーズの事を指しているのでしょうか?

未見の方はネタバレ要素が入っていますのでご注意ください。

殺人を無罪にする方法シーズン4第4話あらすじ

アナリーズは、ペンシルベニア州を相手に訴訟を起こす準備をしていた。しかし、その準備にはお金がかかる。そこでアナリーズは、ハーグローブ学長に会いに行き、離婚訴訟を担当させてくれと頼む。

既にカプラン&ゴールドのプリンスに弁護してもらっていたハーグローブはアナリーズをカウンセラーとして参加させた。ミーティングでは、プリンスにインターンとしてついているミカエラもいた。

コナーに隠れてコーナーの父親たちと会ったオリヴァーは、父親との過去を知らされる。コナーがカミングアウトしたその翌年、父親もカミングアウトしたのだ。ブレイクダウンした母親とコナーを残し父親は出て行ってしまった。だからコナーと仲が悪いのだ。

アナリーズは、セラピーを受けに行った。待合で電話を片手にメールを送っていたアナリーズは、ハーグローブの夫側の弁護士にハーグローブの酔った醜態が写ったビデオを送ったつもりが、間違えてハミルトン大学の関係者に送ってしまった。

怒ったハーグローブはアナリーズを責めた。アナリーズは、必ず何とかすると約束した。そして、夫の弱みを握ろうと必死に調べた。そこで夫の浮気疑惑が浮上した。婚前契約を交わしていたハーグローブたちは、証拠が取れれば勝つ見込みがあるとくまなく探した。

そこで分かったのは、浮気相手だと思っていた相手は、資産管理マネジャーだった。夫は資産をオフショアに隠していたのだ。慰謝料を交渉し、親権を取られずに済んだ。

アナリーズが訴訟の資料を取りに行くと、ネイサンが何をしようとしているのか探りを入れてきた。検事室では、デンバーが司法長官に立候補しており、スキャンダルはご法度だ。

ボニーのインターンとして検事室にアクセスできたローレルは、父親の行動を調べていた。デンバーに賄賂を送り、ウェスの殺人をごまかすように仕向けていた事がわかった。ミカエラに話し、カプラン&ゴールドを調べて欲しいと頼む。ミカエラはオリヴァーに連絡した。

殺人を無罪にする方法シーズン4第4話感想

コナーと、父親の歴史が分かりましたね。息子がカミングアウトした事が後押しになって翌年に43歳でカミングアウトしたというお父さん。人生は一度きりだから、勇気を持って自分に正直に生きる事にした点は、素晴らしいと思いますが、タイミングとは家族への配慮が難しかったのでしょうね。

やっぱり一番ショックなのは、お母さんでしょうね。コナーも自分のせいでお母さんを苦しめる羽目になったと思っても仕方がないでしょうし…。難しい状況ですね。お父さんがコナーを「先生」と呼んだり、オリヴァーと結婚するのは間違いだと指摘したり、何か微妙な感じがぷんぷんに匂ってましたね。

ミカエラも、アナリーズに「母親問題」を指摘されてしまっていましたね。どうなんでしょうね、アナリーズの指摘は図星なのでしょうか。ミカエラも母親と複雑な関係になっていますよね。ローレルも相変わらずの執着っぷりですし…。

アナリーズの訴訟もどうなるのか、気になります。あの謎の事件は、完全にローレルのお父さんの仕業ですよね。ローレルは無事で赤ちゃんだけいなくなっているという事は…。

殺人を無罪にする方法を観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTV

配信情報は2018年1月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

殺人を無罪にする方法のDVDはこちら(2018/3/2~シーズン3発売予定)

殺人を無罪にする方法をレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!