スキャンダル シーズン7第6話 あらすじ&感想 Vampires and Bloodsuckers

©ABC

ねたばれ注意!

スキャンダルシーズン7第6話「Vampires and Bloodsuckers」です。

未見の方は、以下ねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

スキャンダルシーズン7第6話あらすじ

ブシュラン大統領と姪のヤスミンは暗殺された。オリヴィアの仕業だ。

オリヴィアから報告を受けたメリーは、悲しみにくれ、この死を無駄にしないと行動に出た。

クインはオリヴィアと連絡を取れずにいた。ウェディングの前夜、やっとオリヴィアと会えたクイン。オリヴィアは、ウェディングに着けてほしいと、スミソニアン博物館から借りてきたハリー・トルーマン夫人のパールのクリップを渡した。

しかし、クインは全く喜べなかった。クインは、 オリヴィアがブシュラン大統領と姪のヤスミンを暗殺した事を知っていたのだ。OPAには正義なんてなかったが、QPAは違う…と、引き下がらない姿勢を見せた。

ウェディング当日、ベストマン&メイド・オブ・オーナーを兼任してウェディングの準備をしていたハックだが、肝心のクインが行方不明になっていた。クインのアパートに行くと、指輪が残されており、逃げたのではないかという話しになった。

QPAで捜索していると、カーティスがやってきた。クインから連絡があったというのだ。ブシュラン大統領の暗殺について話したいと、あれは内部の人間の仕業だと留守電に残されていた。オリヴィアは、クインは行方不明になっていて、この話しを大きくするとクインの身が危ないから手をつけるなと止めた。

メリーの手配したチームから、ラッド軍曹が爆破に関わっていたという事実が判明した。オリヴィアとジェイクは、早急に誰かを犯人に仕立てないといけないと考えた。そこで、グラックランドに白羽の矢が立った。ラッド軍曹は以前グラックランドに雇われていた事があったのだ。

それを聞いたアビーは、サイラスの心を惑わすような事を言い、サイラスももしかしたら自分を利用しているのかもしれないと言い出した。その話しを聞いていたチャーリーはグラックランドを拷問にかけた。

クインの通話履歴から、グラックランドの容疑は晴れた。そして、クインがモニュメントに訪れていた事が分かった。オリヴィアと会った場所だ。監視カメラをハックし、皆でチェックすると、丁度クインが写っているところが画像が割れ人物断定もできない状態だった。ジェイクが先回りし、操作したのだ。

ハックはチャーリーの居所を突き止め、グラックランドを殺してしまう寸前に止める事ができた。

メリーはブシュランの大使に連絡し、核兵器廃絶条約にサインするなら、新政権をブシュランの新しいリーダーだと認めると交渉した。

ジェイクとオリヴィアは、クインが本当に誘拐された事を知った。

 

スキャンダルシーズン7第6話感想

いやいや、オリヴィアたるもの、脇が甘かったですねー…。

クインたちはオリヴィアやハックのやり方でトレーニングされているから、見つけますよね。クインが、オリヴィアに言われても立ち上がったその正義感は素晴らしいですが、そのせいでこんな事件に巻き込まれたとしたら…代償も大きいですよね。

私は最初オリヴィアが手配したのかと思っていましたが、オリヴィア達も全く知らなくてアタフタしていて、何だこりゃ状態でしたね。何かB613を動かすのは大変なんだというのが伝わってきますね。いくらオリヴィアでも最初から父ポープのように仕切る事はできないですよね。

クインは、誰にさらわれてしまったのでしょうか…?

スキャンダルを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎dTVU-NEXTAmazon プライムビデオマーケット

本作品の配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

スキャンダルDVDはこちら

スキャンダルをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!