殺人を無罪にする方法シーズン4第14話 あらすじ&感想

©ABC

ねたばれ注意

殺人を無罪にする方法シーズン4第14話「The Day Before He Died」です。

未見の方はネタバレ要素が入っていますのでご注意ください。

殺人を無罪にする方法シーズン4第14話あらすじ

ウェスが死んだ日に遡る。アパートでシャワーを浴びていたウェスに非通知の番号から電話が入った。ローレンの母親だ。呼び出されたウェスは10万ドル渡すからローレンと付き合うのは止めて欲しいと言ってきた。

ウェスが母親との会話を録音していた事が分かり、その録音を聞いたローレンは母親に会いに行った。そこで、フランクの携帯電話にアラームが入る。ボニーの車に異常があったのだ。チェックしたが何も見つからず、大丈夫だろうとそのままにした。

その後、デンバーがハードドライブを持っている事を知ったボニーが運転している頃、デンバーは何者かに電話をし、片付ける様にと言い渡した。その後、ネイトがアナリーズに事故の報告をしていた。ドライバーの正体は見えなかったがボニーの可能性が高い。

ローレンはデンバーから母親の通話記録を入手した。ウェスが死んだ日にウェスに連絡をしていたのだ。ウェスから、警察に行くと連絡を受け、折り返し電話をして助けさせてくれと頼む。断られると、ジョージ(ローレンの父親)に電話をしてどうにかしてくれと頼んだのだ。

病院では、サイモンが目を覚ましていた。オリヴァーが指名され、会いに行くと、オリヴァーにカミングアウトした事以外は覚えていないようだった。しかしその後、少しづつ記憶を取り戻し、ローレルの事を警察に話すと言う。

アナリーズは、沈黙を守るようにサイモンを説得した。告発者に向けて発行できるSビザを確保した方が賢明だというのだ。朦朧としているサイモンだったが、アナリーズの提案を受けた。

ミカエラはマーカスとの事をアッシャーに見破られてしまった。二人は大ゲンカになった。

殺人を無罪にする方法シーズン4第14話感想

ローレルの母親が関与しているどころか、張本人のようですね。いつの間にか精神的な病から回復し、お金の心配ができるようになっていたのですね。それにしてもまさに「毒親」ですよね…。本当に母親の指図でウェスが殺されたなら、ローレルは立ち直れないですよね。

母親を殺してしまうかもしれないですね…。来週は最終話なので、白黒はっきりするでしょうね。

あの事故もボニーなのかもしれないし、違うかもしれないですよね?この辺りにツイストが入りそうですね(笑)。ウェスも死んで、ボニーも死んだら、ちょっとメインキャストが減り過ぎですよね。

サイモンの件は丸く収まりそうですが、ミカエラとアッシャーはどうなってしまうのでしょうか…?ミカエラがローレルの所に相談に行った時、親のせいでまともな恋愛ができないと慰め合っていましたが、やはりそうなのでしょうか?

ミカエラが言う通り、親のせいだとかたずけてしまうのも責任転換のような気がしますし、健全な家庭に育たなかったから、良い事が起きても台無しにしてしまうというローレルの言い分も納得してしまうところがありますよね。

アッシャーとミカエラにはうまくいってほしいです。

殺人を無罪にする方法を観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTV

配信情報は2018年1月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

殺人を無罪にする方法のDVDはこちら(2018/3/2~シーズン3発売予定)

殺人を無罪にする方法をレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。

error: Content is protected !!