クワンティコシーズン3第10話11話あらすじ&感想

Credit: ABC

ネタバレ注意!

こんにちは、Lilyです!クワンティコシーズン3第10話「No Place Is Home」、第11話「The Art of War」です。

未見の方はネタバレ要素が入っていますのでご注意ください!

クワンティコシーズン3第10話あらすじ

オーエンの娘リディアが殺された。マイクの妹も殺された。家族が狙われている事に気が付いたチームは、家族(ライアンの父親、アレックスの母親、ハリーの妹)を集めてシェルビーの所有している農園の中の家にかくまった。

シェルビーの昔の友達だという男がやってきた。ライアンは怪しいと疑っていたが、シェルビー達は一般人だと思い、家に入れた。ハリーとオーエン、ジョセリンは暗殺者マヤの隠れ家を調べに行った。そこには爆弾が仕掛けられていた。

マヤとシェルビーの昔の友達はグルだった。アレックスがマヤを、ライアンとシェルビーがその友達を殺し、家族は助かった。マヤの家ではハリーが爆弾の信管を外すことに成功し、ジョセリンとオーエンはキスした。

クワンティコシーズン3第11話あらすじ

ハリーの妹がキンにさらわれた。アイルランド政府はコナーを送還しようとしていた。キンは弁護士の妻を人質に取り、コナーを弁護するように強制した。そしてキンは国連での証言を阻止するためにシリア人殺害した時の報酬を強要してきた。そこでコナーは、オーエンにキンの居場所と引き換えにアイルランド送還を要求した。

その情報を元に、アレックスとシェルビー、ライアンは女の子たちでいっぱいになったトラックを見つけ、捜査に乗り出した。ハリーはその中に妹がいると確信していた。オーエンはディープに応援を頼んだ。オーエンとジョセリンはアジトを襲撃され、オーエンが撃たれた。ディープが処置を施し、オーエンの命を救った。

チームはコナーの取引に応じる事にした。コナーの情報からチームは人身移送される船に向かった。そこでキンを見つけたがキンは自殺してしまった。人身売買のビジネスはコナーのものである事が分かった。女の子を助け出したが、メイジ-は見つからなかった。コナーを送還する準備が整った。

クワンティコシーズン3第10&11話感想

面白くなってきましたね。コナーが相当の曲者なのもわかってきました。キンがこんなにあっさり死んでしまうとは思いませんでしたが、どちらにしても死ぬ運命でしたね。アレックスの感情にやられるシーンは見ている方がハラハラしました。

家族を巻き込むという事はイザベラ達が巻き込まれるのは時間の問題ですよね。アレックスは踏んだり蹴ったりですね…まぁこれはドラマなんですが、FBIだろうがCIAだろうが実際問題で家族が犠牲になる可能性が1ミリでもあるのなら、絶対関わりたくないですよね。

コナーとThe Widowはつながっているのでしょうか?

クワンティコを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTVAmazonプライム

配信情報は2019年1月29日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

クワンティコDVDはこちら

クワンティコをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。