殺人を無罪にする方法シーズン5第14話 あらすじ&感想

©ABC

ねたばれ注意

殺人を無罪にする方法シーズン5第14話「Make Me the Enemy」です。

未見の方はネタバレ要素が入っていますのでご注意ください。

殺人を無罪にする方法シーズン5第14話あらすじ

バークヘッド議員から渡されたファイルの中に、エミットの通信記録が入っていた。アナリーズがカプラン&ゴールドに戻った頃に、レイヒが殺された時に居合わせた刑務官の一人に電話をかけていた。しかし情報の出どころが出どころなだけに、中々信用できずにいたアナリーズだったが、ティーガンが入手したエミットの通信記録にも同じように発信の記録が残っていた。

証拠はそれだけではなかった。レイヒがアナリーズの母親に送っていた手紙の中に、アナリーズをクビにして自分を代わりに雇えと言ってきたチャラい弁護士がやってきたと書かれていた。面会の様子を捉えたビデオを見ると、はっきりとは見えないがエミットらしき男性弁護士が面会に来ている様子が見えた。

そんな中、エミットとアナリーズはデートに出かけた。散々に終わったディナーの後、エミットがアナリーズ宅に押しかけてきた。アステラスの一件以来、ティーガンのオフィスに盗聴器を仕掛けていたエミットは、電話の事を知り、自分は全く無関係でアナリーズとのデートを本当に楽しみにしていたのに、アナリーズに犯人だと疑われているとは思わなかったと訴えた。

その後、ボニーは刑務官長を脅し、もっとはっきり見える証拠ビデオを入手した。そこに映っていたのは、エミットではなく、ローレルの兄エイドリアンだった。

ローレルは、フランクに非通知着信の正体を探るように頼んだ。フランクの捜査の結果、着信はニューヨークからだった。しかし、その番号は既に使われていなかった。そして、ローレルのもとに宅急便が届いた。クリストファのガウンが入っていた時と同じサイズだったため、ミカエラは母親が送ってくれたんだよとなだめようとしたが、ローレルはパニックになっていた。

恐る恐る開けてみると、そこには母親と同じ色の髪の毛、頭皮が入っていた。

オリヴァーはラップトップの返還に成功した。オリヴァーは、誰かがファイヤーウォールにアクセスしようとすると自動的に写真が撮られるように設定していた。そこにはテレスコが試みた形跡が残っていた。しかもその撮られた写真にはテレスコの姿だけではなく、サム事件の時からの全ての情報が掲げられたホワイトボードが映っていた。

殺人を無罪にするシーズン5第14話感想

ローレルの兄が出てきましたね!確かに背格好がエミットと似てはいるかもしれませんが、エミットがあまりにも可哀そうでしたね(笑)。アナリーズも本当に誰を信じたら良いのか…ってなりますよね。こんなストレスフルな環境に居たら早死にしてしまいそうですね。

でもローレルの兄が出てくるという事は、父親のジョージもきっと出てきますよね。どうなっているのでしょうか?母親は本当に殺されたのでしょうか?というか、ローレルが殺していたのかと思っていたのでここまでは生きていたのだと安心しました(笑)。しかし、エイドリアンやジョージの仕業であれば、母親を殺してしまうのはよく意味が分からないですよね。

前の話しも結局、ジョージと母親がグルになってウェスを殺したみたいな感じでしたよね…?この先どうなるのかさっぱり見当が付きません。

殺人を無罪にする方法を観るなら

Amazonプライム
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVauビデオパス‎U-NEXTdTV

配信情報は2019年1月29日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

殺人を無罪にする方法のDVDはこちら

殺人を無罪にする方法をレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ご自宅がTSUTAYAやゲオから遠い場合に便利です!

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。