THIS IS US 36歳、これからシーズン3第12話あらすじ&感想

©NBC

ねたばれ注意!

「THIS IS US 36歳、これから」シーズン3第12話「Songbird Road: Part Two」です。

ねたばれ要素が入っていますのでご注意ください!

THIS IS US 36歳、これからシーズン3第12話あらすじ

ニックのトレイラーに戻ったビッグ3は、銃と酒の瓶を目の前に座っているニックを見つけた。ケヴィンは、「一緒に行こう」と3人が滞在しているホテルに連れて行った。

ケヴィンは部屋にこもり、ビッグ3は廊下で会議をしていた。明らかにトラウマや依存症の症状が出ているニックにヘルプがいると主張するケヴィンに、この環境で何年も暮らしてきたニックに大きな変化を与える事が良いことなのか分からないとさりげなく諭すケイト。どちらにしても誰かがレベッカに報告しなければいけないという話しになったが、誰もしたくない…

仕方がなく、ケヴィンが連絡する事にした。ケヴィンはその夜一睡もせず、ニックが入所できる退役軍人用の回復施設を探した。翌朝、朝食でニックにその話しをしてみるがあまり興味がない様子。そこへレベッカがやってきた。ニックに向けて、「レベッカです」、「ジャックの妻でした」と紹介した。

レベッカは、自分達の事を知っていたのかと聞く。ニックは一度だけジャックが会いに来た時に知ったと、ジャックは凄く幸せそうだったと話す。目元がジャックに似すぎていて動揺するレベッカに、ニックは席を外していった。

ジャックはニックに会いに行った後、様子がおかしくなっていた。夜は眠れず、翌日は調子が悪かった。そこでレベッカがジャックの代わりにケヴィンを連れてピッツバーグパイオレーツに属しているジョン・スマイリーという有名なベースボール選手のサイン会に向かった。長蛇の列の中待っているが、ランチの時間を過ぎてもなかなか番が回ってこない事から、レベッカは列にケヴィンを残してランチを買いに行く。

戻ってくるとケヴィンは既にスマイリー選手のサインをもらっていた。何を話したのかと聞いても答えないケヴィン。レベッカはケヴィンがトイレに行っている間にスマイリー選手に直接聞いた。すると、ミネソタツインにトレード予定のスマイリー選手がミネソタで自由時間に楽しめる事を調べて教えてくれたと言うのだ。

レベッカは、ケヴィンの思いやりのある行動と、ランダル以外にもちゃんと調べる事ができる息子がいた事に心打たれた。一方ピアソン家では、ジャックは疲れているからと、ランダルとケイトのヴァレンタインの準備の手伝いを断り、ガレージでウェイトリフトをしていた。ランダル達にお腹が空いたらピザを頼みなさいと、一人で過ごしていた。

家の中に戻り、ピザを頼んで部屋を散らかして楽しく遊んでいるケイトとランダルを見つけるとジャックは怒って、ピザを片付けた。キッチンに持っていったジャックは、皿を壁に投げつけた。音にびっくりしてやってきたランダルとケイトには、手元を滑らして落としてしまったと言い訳をした。

少し冷静になってから、二人に謝り、ジャックは得意のユーモアで一緒に遊び始めた。そこへケヴィンとランダルが帰ってきて皆で遊んだ。

ケヴィンは、ニック救出大作戦を練っていた。が、ランダルとケイトはあまり乗り気ではなかった。ケイトは翌日にカリフォルニアで検診があると、ランダルはベスが休職中で元気がないからと帰っていった。残されたケヴィンとレベッカはニックを連れて回復施設に見学に行った。ニックは全く乗り気はなかったが、二人に気を遣ってついてきただけだった。

見学は失敗に終わり、ケヴィンはトレイラーに戻り、壊れているところを修復し始めた。その頃、レベッカはニックと話しがしたいと申し出た。レベッカは本当はニックに会いたくなかった事、ジャックの子ども時代について聞いても全然教えてくれなかった事、ジャックが死んだ頃は実はお酒を断っていて回復に向かっていた事を話した。

「あなたはまだ生きていて私もケヴィンもいるんだから、やり直すチャンスがある」というレベッカに、あんたの息子の気を良くするために生きているんじゃないと反論した。それを聞くとレベッカはその場を立ち去った。

その後、ニックのスペースに勝手に侵入してきたのは私たちだと謝ろうとするレベッカを遮り、ニックは子供の頃の話しをし始めた。ジャックはモノを作るのが上手だったと。ニックも昔はそんな人間だったが、あまりにも昔の話し過ぎて、中々変わるのは難しいと。ジャックが夢見ていたのは、あなたたちのような家族だったと。

帰路のランダルとケイトは、昔住んでいた家があった場所に立ち寄る事にした。現在は違う家が建っていて全く知らない人が住んでいた。家の中を見せてもらえないかと頼んだがあっさり断られた。しかしその後、どうぞと招かれた。家の中で昔の記憶がよみがえってきたケイトは、あの日が一番楽しかったと話し始めた。お皿を割った事は?と聞くランダルに全く覚えていないというケイト。

散々お互いの記憶の違いを討論した後、ケイトは自分の記憶は実際と全く違うのかと戸惑う。そこでランダルは、ジャックは凄く上手でケイトが良いことしか覚えていないように気を付けていたんだよと話す。

ランダルが家に帰ると、ベスは母親がお尻を骨折したと実家に出かけるところだった。

ケヴィンは、ニックのトレイラーにあったお酒に手を出した。

THIS IS US 36歳、これからシーズン3第12話感想

色んな事が起きたエピソードでしたね。

ニックとレベッカの対談も印象的でしたが、ケヴィンの子どもの頃のストーリーが本当に胸を打ちました。しかもそれをレベッカには話さないなんて、恥ずかしかったのでしょうか…?息子を持つとこんな気持ちになるのでしょうかね?娘なら事細かいところまで報告してくれそうな気がしますが、どうなんでしょうか?

そんなケヴィンですが、またお酒を飲んでしまいましたね。まぁ、あんな環境で飲まずにいるのもなかなか難しいとは思いますが、やはり残念ですね。またここから本格的にリラプスしてしまうのでしょうか?それとも一度限りの出来事なのでしょうか…?心配です。

THIS IS US 36歳、これからを観るなら

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVAmazonプライムauビデオパス‎dTVU-NEXTビデオマーケット

本作品の配信情報は2018年2月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはそれぞれのホームページもしくはアプリをご確認ください。

THIS IS US 36歳、これからDVDはこちら

THIS IS US 36歳、これからをレンタルするなら

宅配レンタルと動画配信ならTSUTAYA!30日間無料お試しキャンペーン実施中

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

スポンサーリンク

記事をご覧になられたらシェアしていただけると嬉しいです。